がん細胞

正常な細胞とは異なり、遺伝子に傷がつくなどして発生した異常な細胞のことを、がん細胞と呼びます。それが集合して腫瘍となったものが一般的にがんと呼ばれるものです。正常な細胞であれば、体のことを考え、増殖の仕方を調整します。たとえば、皮膚に傷を負った場合、皮膚の細胞が増殖し、足りない部分を補うことで、傷を治します。そして、傷が治ったなら、それ以上の増殖をやめ、調整します。

しかし、そういった体の状態に合わせた増殖をしないのが、異常な細胞であるがん細胞です。がん細胞は命令を聞かず、自分勝手に増殖を続けます。体の状態を無視して増殖を続けることで、周囲の細胞を壊したりするなどして、体にさまざまな悪影響を及ぼすのです。増殖し続けたがん細胞はその数を増し、ひとかたまりになることで、腫瘍を形成します。そのため、がんは体の内部、外部問わず、腫れたようなかたまりを作るのが特徴です。

たとえば、動物実験により、がん細胞を被検体に注射すると、異常な増殖を繰り返し、腫瘍を形成します。正常な細胞であるなら、もちろんこのようなことは起こりません。人間の生命を維持する役割を持っているはずの細胞が異常化することで、人間の生命を脅かす存在になってしまうのです。

    人気サイトのリンク集

  • 痛くない治療を目指し、麻酔を使用した治療を行っているさいたま市の歯科医院を探しているなら、麻酔の針を極細にした電動注射器を使用し、患者の体温に近い温度にすることにより麻酔時の痛みも軽減する工夫をしてくれるのでオススメです。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 知らなきゃ損するガン予防 All Rights Reserved.