肺がん

肺がんは日本においてとてもポピュラーながんです。つまり、前立腺がんの多いアメリカ同様、肺がんになりやすい因子が日本に多く存在しているということになりますね。肺がんは、肺の組織の細胞ががん化することによって起こります。そして、他のがん同様、腫瘍を形成し、周囲の組織を破壊し、血液やリンパによって転移していきます。

肺がんの一番の原因は喫煙……と一般的にいわれていますが、実はこれが真実でないという意見も多く存在します。それは統計上の問題があるということで、しっかりとした統計による、正しいデータによれば、喫煙は肺がんにそれほど影響しないということがいわれています。つまり、嫌煙ブームによる、印象操作が、「肺がんの一番の原因は喫煙」の全貌のようです。

タバコは紫煙が出ますから、大衆にもわかりやすい毒々しさがあります。なぜ喫煙者・非喫煙者問わず、肺がんが多いかというと、喫煙者はタバコを吸っているから、非喫煙者は受動喫煙しているからといった意見がありますが、これも根拠は薄いといわれています。

実際に、タバコ以外にも肺に与える影響はあります。たとえば、自動車の排気ガスや、コンクリートの粉塵などです。しかし、これらは目につきにくいため、無視されているとさえいえます。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 知らなきゃ損するガン予防 All Rights Reserved.