がんの仕組み

がんは細胞異常による病気です。人間の体は、誰でも知っているとおり、何兆個もの細胞が集合してできています。細胞は基本的に自分の決められた仕事をこなすだけですが、遺伝子が傷ついて異常なものに変異する場合があります。傷ついて異常なものに変異した細胞は、通常は修復されたり、取り除かれたりして、もとの正常な細胞に戻りますが、何らかの原因によって、対応されないこともあります。その異常な細胞が増殖し、転移をして、体に悪影響を与える状態が、がんという病気です。異常な細胞が増殖し、1つの固まりになったものが、いわゆる悪性腫瘍と呼ばれているものです。

がん自体は基本的に移る病気ではありません。がんによっては、ウイルス感染が原因で発生する場合もありますが、それだけではがんになることはなく、他にもさまざまな理由があります。がん自体は遺伝子、細胞の異常でなることから、感染するということはありません。

正常に働いていた細胞が、遺伝子に傷がつくなどして異常な細胞になり、増殖し、かたまりになって腫瘍になり、血管などを通じて全身に転移していく……これが、がんの仕組みです。通常は、かたまりになって腫瘍になったとき(悪性良性限らず)に、発見されるものです。

    こちらのサイトもご覧下さい

  • じっくりと話を聞くことで、一人では解決できない心の悩みや不安を一緒に話し合ってくれる精神科を名古屋で探しているなら、認知行動療法に加え、自律訓練療法を行ない改善に導いてくれるのでオススメです。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 知らなきゃ損するガン予防 All Rights Reserved.