細胞に傷がつく

がん細胞は、正常な細胞の遺伝子に傷がつくことで発生します。どのように傷がつくとがん細胞になるかというと、正常な細胞の遺伝子に数個の傷がつくことによってがん細胞になります。数個といいましたが、数個いっぺんに傷がつくことはなく、1つ1つ段々とがん細胞へと向かっていきます。徐々に徐々に傷がついていき、ある程度まで達すると、がんとなり、脅威となります。

細胞への影響としては、細胞を増殖させるための機能が増殖させる必要がないときにも働くようになることと、細胞の増殖をとめるための機能がうまく働かなくなることが挙げられます。細胞の役割には、細胞を増殖させるための機能と、細胞の増殖をとめるための機能の2種類の機能があります。がん細胞は、その2種類の機能を働かなくさせることで、異常増殖を続けるようになるのです。

傷の種類には、突然変異(DNAの暗号に異常が生じる)とエピジェネティック変異(DNAの暗号は正常だが、細胞の使われ方が変わる)の2種類があります。正常な細胞にこういった傷がつくと、増殖をはじめます。さらに、傷が増え、異常が進むことで、どんどんと増殖が急激になり、がん細胞になっていくのです。異常な細胞が増殖し続けることで、周囲へ影響を与えていきます。

    お薦めWEBインフォメーション

  • 仕事で時間が遅くなってしまう方や幅広い年齢層の方々に利用されている下北沢でマッサージをしたいなら、リピート率9割の満足できる技術力で日頃の疲れを癒してくれるのでオススメです。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 知らなきゃ損するガン予防 All Rights Reserved.