がんの治療

がんが発覚した場合、完治に向けて治療を行う必要があります。しかし、実際に治療をはじめるまでに、いくらかの時間がかかってしまうのが現状です。それは、がんというのは検査しにくい病気であり、しっかりと診断するには、じっくりとした検査が必要になるからです。また、がんは治療が難しい病気であり、治療法も患者の状態に合わせて厳選したものでなければなりません。その分、適切な治療を行うために、慎重に検査を進めていく必要があるのです。

がんの治療は患者に負担がかかりやすく、治療の効果が十分にあることと、患者への負担が少ないことが大切です。治療法は、基本的に、外科手術、抗がん剤、放射線の3種類によって行います。これらのうちの1つだけでなく、複数の治療法を組み合わせることもあります。完治後の再発防止として、抗がん剤を飲み続ける場合もあります。また、直接の治療とは関係なく、がんによる身体的・精神的苦痛をやわらげるためのケアも治療と同時に行います。

外科手術の場合、がんを物理的に切除して治療します。切除する際、できるだけ範囲を少なくしたり、患者への負担を軽減したり、術後の経過を考えたりするなどして、手術の仕方が決定します。近年においては、技術の進歩から入院期間が短くなっているようです。

    あなたにお薦めWEBインフォメーション

  • リラックスできる空間に清潔な設備を整えている浦和の歯科医院を探しているなら、治療するにあたり落ち着ける空間を目指して徹底した管理体制を敷いているので、安心して治療に専念する事が出来ます。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 知らなきゃ損するガン予防 All Rights Reserved.