治療法

がんの治療法には、主に外科手術、抗がん剤、放射線による3種類の方法があります。病気の状態、医師の判断、患者の意向などによって、治療法が決定されます。外科手術を終え、その後の経過が順調であれば、すぐに退院することもできます。ただし、がんの治療後は経過を見ることが大切であり、退院すれば完治したというわけではありません。その後もしっかりと検査を行い、経過を見る必要があります。

外科手術のがんの切除はできるだけ患者の負担にならないよう範囲を狭くしますが、がんの腫瘍の大きさによっては範囲を大きくせざるを得ません。場合によっては、腫瘍が発生した内臓の半分以上を切り取らなければならなかったり、全摘出もありえます。そうなると、完治しても、その後はそれらの内臓にハンデのある生活を余儀なくされます。たとえば、胃や腸を切除した場合、あまり消化に負担のかかる食べ物を食べられないことがあります。

抗がん剤の場合、薬物を使用して、がん細胞を抑えます。抗がん剤の投与の仕方は、飲み薬や注射(点滴)によるものが一般的です。注射は、腕の細い血管から投与することもあれば、首の太い血管からカテーテルで投与することもあります。薬の使用後の経過を見て、効果と副作用を確かめます。

    注目情報

  • 現在最もつらい症状と病気になる元を同時に治すことを行なう自律神経失調症の鍼治療なら、抗不安薬や睡眠薬などの薬に頼らず、頭や全身にあるツボを刺激することにより気血の流れを改善し、症状に対して作用させるので副作用の心配もなくオススメです。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 知らなきゃ損するガン予防 All Rights Reserved.